職員ブログ

自立支援センターまめの樹の職員ブログです。

事故物件。なんかこの例え方、どうなんですかね?

f:id:mamenokiogm:20201008092018j:plain

こういった内容をブログにすると良くないかなぁと悩んだのですが、人に聞いてもらうと安心するというか、恐怖感が和らぐというか。

今日は本当に自己中なブログになっています。
申し訳ございません。


数年前の初夏。自宅マンションにて。。

朝の6時くらいだったと思います。
玄関ドアをたたきながら、○○っ!○○っ!(←名前)と、叫ぶ声がしていて、それで目を覚ましました。

「なんだ~?こんな朝早くに?うちじゃないなぁ。隣かなぁ。」

ずっとドアを叩いているので、さすがに気になりまして、外(共有部)に出て、「どうかされたのですか?」とその人に声をかけました。


「あっ、朝からお騒がせしてすみません。息子と数日前から連絡が取れないんです。会社も休んでるとのことでして。」

隣の住人の母親でした。


住人とは過去に数回、共有部で顔を合わせ挨拶をしたことがある程度ですが、とても好青年だった印象があります。

「それは心配ですね。お母様、それでこんな朝早くに出て来られたのですか。。」

「はい、始発で駆けつけまして。。本当に朝からすみません。」

「いえいえ、とんでもないです。大家さんか不動産屋さんには連絡を取りましたか?鍵を開けてもらったらいかがでしょうか?」

「あ、そうですよね。慌ててしまって、頭が回らなくて…。」

このようなやり取りの後、自分が不動産屋に連絡したのですが、まだ朝の6時過ぎ。不動産屋は開店していません。


……そういえば、マンションの契約書に大家さんの電話番号が書いてあったような…。

契約書を見たら書いてありました。
大家さんに連絡をして、事情を説明しました。


すぐに大家さんが来てくれることになり、警察官を立ち会いのもと、鍵を開ける流れになりました。

このことを母親に伝え、自分は自宅に戻ったのですが、気になって仕方がありませんでした。

朝とはいえ、夏ですし共有部は空気がこもり暑いです。
冷蔵庫の麦茶を手にして外に出まして、不安そうに大家を待つ母親に麦茶を渡し、ひと声かけてまた自宅に戻り。。


1時間くらい経過しましたでしょうか。。

外が再び騒がしくなりました。

あっ、大家さんたちが来たな。。

そして数分後…。

号泣する母親の声が。

外に出て見ると、廊下に泣き崩れている母親と、それを介抱する警官が。


…住人が部屋で冷たくなっていたそうです。


大家さんもとても悲痛な表情をしていて、他に居た警官が自分のところに寄ってきまして、
「お隣りから、何か不審な物音など聞いていませんか?」など、いろいろ聞かれました。

もう本当に気の毒で涙が出ました。

それから、現場検証の人、不動産屋さんの職員、いろいろな人が来まして。
自分はこの日、午後からの出勤でしたが、夜遅く自宅に戻ると、隣人宅の前には沢山のお花やお酒などが置かれていました。
自分も冷蔵庫にあったビールやつまみを持ち出し、お供えをさせてもらいました。


「お母様が気になる。てか、なんで死んだのよ~。どうしてよ~。」

…後日、不動産屋さんに確認をしたら、死因は自殺だったそうです。


「なんで死ぬ前に声をかけてくれないのよ~。なんでよ~っ!」

他人の自分に声などかけてくれるわけがありませんが、とても悔しく、そして悲しくなりました。


……話が長くなってしまいましたが、ここからが本題といいますか。。


最近、あるサイトの存在を知りまして。。

このサイトは、過去に住人がお亡くなりになった物件が掲載されていまして、日本全国の変死、他殺、自殺が起きた物件を閲覧できるようになっているのです。

「事故物件サイト」というものでして。

興味本意で、まさか?と思い、自分の住む地域を調べると、炎マークが。
(事故物件には炎のマークがついてます)
更にクイックすると、丁目から番地から、その建物・物件名、死因までもがこと細かく記載されておりまして。


これになんと、うちのマンションに炎がついてるのです!

どうやってこういった情報をサイト管理者は集めてるのだっ?

というか、事故物件て言い方、すごい不快。

で、で、
でしてね、まだ先があるんです。


自分がこのマンションに住む前に住んでいたマンション。
ここにも炎マークがついておりまして。

以前のマンションでは、飛び降り自殺があったそうなんです。


で、で、ですよ。
更にですよ。

都内の自分が勤務する営業所が入っていたビル。
このビルでは殺人事件があったと!
営業所のビルまでもが炎マーク!


えっ?
えっ!
なんでっ!?

自分が居るところ、居たところ、全て事故物件じゃん!!

てか、だからこの事故物件って言い方!


…あの、皆さんすみません。

特に霊能力があるとか、見えるとか言われる方々。
なんか、これ。。
自分に原因や、関係してることがあるんですかねぇ?

わかる方、すっごく教えてほしいです。

自分に原因があり、人を不幸にしているのであれば、徐霊?供養?とか何でもしたいです。


興奮して乱文、更に長文。
今日は申し訳ございませんでした。


T

おじいちゃん

f:id:mamenokiogm:20200924055446j:plain

今日は自分のおじいちゃんの命日です。
亡くなって40年経ちます。
仮に生きていたら~、、
109歳!!


子どもの頃、食べ物を粗末にするとすごく叱られた記憶があります。

じいちゃんは戦争も経験していますが、全く戦争の話しはしない人でした。

ただ、食べ物に関しては厳しく教える人でした。


酒豪で、晩酌以外にも、毎晩お風呂上がりには、水を飲むようにビールをがぶ飲みする人でした。
ばあちゃんにいつも注意を受けていました。

風邪などをひいたりして寝込んだのを見たことがありません。

そーいや、昔の大人って強かったですよね。
基本、「そんなの大丈夫だ」って言って、いつも大きくて包容力の塊みたいな大人ばかりが周りには多かったです。


忘れもしない、自分が小学1年生の時。
夜遅く、自宅前で若者が5~6人で口論していて、それが暴力沙汰に発展してしまいまして。。

ばあちゃんが、「大変っ!喧嘩を始めちゃったみたいだね!警察に電話よ!」と言ったら、
じいちゃんが「大丈夫だ~。ちょっととめてくらぁ~。」と言って、若者の間に入っていきました。

ばあちゃんは、「やめなさいよ、警察呼ぶから!」と。
でもじいちゃんは外に出ていきました。

そしたら、すぐに騒ぎは収まりまして。。

じいちゃんが制止させたんだ。じいちゃんすごいなぁと自分は思いました。

ところが、ばあちゃんが、「あっ!またもしかしてっ!?」と外に飛び出して行ったので、自分も一緒に出ました。

すると、若者が全員、その場に倒れていました。うめき声を出して、完全にノビているという状態でした。

肝心のじいちゃんは一人で立ち尽くしていて、
「いや~ちょっと小突いたつもりなんだがな~」と。。

しばらくすると、警察が来まして、若者は救急車で運ばれ、じいちゃんは警察に連行され。。

現場を見ていた近所の方の話しによりますと、うちのじいちゃんが、あっという間に若者を倒したと。飛び蹴りもしていたと。
当時70歳くらいだったと思います。70歳の年寄りが、5~6人もの若者を瞬殺。しかも飛び蹴りって。。

警察署に数日拘留され、帰って来たじいちゃん。

ばあちゃんに、「あんた、二度と外を歩くなっ!」って叱られて、子どもみたいに反省して小さくなっていて。。

 

 

 

f:id:mamenokiogm:20200924055507j:plain

そんな破天荒なじいちゃんの死は突然でした。

毎朝、決まった時間に、「おい、朝メシはまだかいなぁ~。」と起きてくるじいちゃん。
その日は、一番乗りで食卓にいつもいるじいちゃんがいませんでした。

父親が、「あれ?じいさんは?まだ起きてないのっ?」

「……はっっ!!」

家族みんなが一斉に悟りました。

みんなで静かにじいちゃんの寝室に行くと、笑ったような顔でじいちゃんは亡くなっていました。

あれから40年。。

じいちゃん。自分はじいちゃんのような強い大人になれていません。
立派な大人にはなれてませんが、食べ物は粗末にしたことはありませんよっ。

じいちゃん。正しく躾をしてくれてありがとうございました。

これが大元で、自分の勤める施設で「子ども食堂」を開催するきっかけにもなりました。

毎日幸せです!


T

子ども食堂再開

f:id:mamenokiogm:20200914091011j:plain

先月から約半年間中止になっていた子ども食堂を再開しました。

コロナ禍において、利用方法も変わりました。

人数・時間制限。窓の換気。。。
食事中の私語の禁止など…。
開放的だった今までの子ども食堂と変わり、来てくれる子どもたちにとっては、かなり堅苦しい食堂になってはいますが、食事が終わればマスクをしてですが、ゲームをしたり漫画を読んだり、笑って話しをしたり。。

それぞれが新しい子ども食堂での楽しみ方を見つけて元気にしています。


「いつまでこんなことが続くの?」
子どもたちによく聞かれます。

大人でも不安な中、子どもなら尚更です。

今年大学生になったボランティアの学生さんは、いまだに一度もキャンパスに行っていないと言います。

「世界中のめっちゃ頭のいい研究者が、一生懸命に治療法や予防策を毎日考えてくれているから、もうちょっとの我慢だよ。一生じゃないから大丈夫だよ~。」と一人一人に丁寧に声かけをします。

f:id:mamenokiogm:20200914091049j:plain

こちらが暗くなっては子どもたちにはすぐに伝わります。

明るい話題をたくさん届けて、食堂を開いている限られた時間内ですが、嫌なことを忘れてもらい、おもいっきり笑顔で家に帰したいと職員一同思ってます。

大学生や専門学生さん、子どもが大好きな方。
現在まめのき子ども食堂ではボランティアさんを募集しておりますので、是非一緒に活動しませんかっ?

ホームページにてメールをお待ちしております。


まめのき

昨日収穫したトマトです!味が濃くて、とってもおいしいトマトになりました。

 

f:id:mamenokiogm:20200806083736j:plain

干からびるほど暑い。
皆さん、熱中症には気をつけましょ。

今年は各地で予定されていた夏祭りがほとんど中止になってるようですね。。


自分の生まれ故郷も、今年の夏祭りは中止。
まぁ、この10年近くは全く帰省していないのですが。。

お墓参りくらいは行かないとご先祖さまに申し訳ないなぁ~と思いつつも、何年も帰省できていません。。


そんな中、先日、母親から連絡がありまして。

「あんた~元気なん?今年はお盆とかに帰って来るの?」

「いや、仕事で今年も帰れないよ。ごめん~。てか、どーしたの?毎年確認の電話なんてよこさないじゃん。」

「今年はさ、もしあんたが帰って来るつもりだったら、来るなって言おうと思ってさ~。」

「あぁ、コロナ禍だからね。おっかぁも歳だから気をつけないと。」

「違うんだよっ。こんなド田舎だから、近所の人たちから、『おたくのお子さん、今年は帰省してきますか?』って聞かれたのよっ。」

「はぁっっ!?」

「どこの誰々の子どもは県外の人間だから、お盆にもし帰って来るようなら、阻止しようみたいな感じに地域全体がなってるのよ。はっきりと帰って来させるなって言われるわけではないけど…。わざわざ町会の人がうちに聞きに来たのよ。」

「え~っ?何その状況っ?」

「先月、○○町の○○さんがコロナになっちゃってさ。田舎だから、どこの誰がなったとかすぐに広まるのよ~。」

「ひ~っ。てか、それはそれでいいの?差別じゃんっ!」

「田舎なんてこんなもんよ。コロナなんか絶対になれない。なったらもうこの近所に居られないよ。」

「は~??そんなんおかし~よ。」

「というわけで、しばらく絶対に帰って来ないでよっ!」

「…は、はい…。てか、絶対に帰って来るなて。。」


なんちゅーかですね。。

きちんと対策をして、十分に配慮して、迷惑をかけないよーに出かければ、別に問題なくないですかねぇ??

田舎に行けば行くほど、別の意味でのコロナ禍じゃんっ!!

肩身の狭い思いをして生きてると、精神的に参って、結果、免疫力も落ちまっせ。他の病気のリスクも上がる。。


…とにかくです。

つまんないことばっか考えないで、元気でいましょっ!!

あっ!おっかぁに、うちでとれた枝豆とか送ってあげよっと。。


Tでした。

f:id:mamenokiogm:20200806083732j:plain

 

田舎暮らしのススメ3

f:id:mamenokiogm:20200731085137p:plain


関東地方は、ようやく来週に梅雨明けとなりそうですね。


ジメジメとした天気がず~っと続きまして、洗濯物が乾かなくて参りました。


世間では野菜も高騰しているようで。
幸いなことに、自分のところは水害を避けられまして、いろいろな夏野菜が収穫できています。


先日我が家に、初めての「田舎暮らし体験」のご家族2組がいらっしゃいました。

5日間、主に農業体験をしていただきました。


子どもたちは雨天が多くて残念でしたが、それでも自分たちだけで相談しながら、遊ぶことを見つけて楽しんでる姿。
昔の子どもも、今の子どもも、結局は同じ。
環境が変わっても、子どもらしい想像力を働かせて、その場を楽しめるのです。
う~む。素晴らしいっ!


ビニールハウスでの収穫もやっていただきました。
子どもたちは泥んこになって、野菜を収穫していました。

晩ごはんは、この収穫したての野菜でサラダや天ぷらを作りまして。

朝ごはんには、自家製の漬け物を、それぞれが握ったおにぎりと共に。近場でとれた山菜のお味噌汁も。

昼食は近所のお蕎麦屋さん、定食屋さんに案内。


コロナ禍でずいぶんと気を引き締めての体験ツアーでしたが、皆さん喜んでいただけて良かったですし、お会いできた縁に感謝しています。
疲れた日常生活を少しでも忘れることが出来たようで、今回の体験ツアーを計画して正解でした。


初日、こちらで決めさせてもらった約束事の一つ「22時には就寝、5時に起床!」に、30代のご夫婦は、「マ、マジっすか~っ?」と言っておられましたが、3日目には、すぐにこの生活に馴染み、「これが本来の人間の生活なんだ~」(笑)と。。

最終日だけ、ちょっと夜更かしをして、みんなでお酒を飲みながら談笑。

将来の希望や夢などを、すでに立派な大人たちが語り合いました。

国の政策、ニュースなどを見ても暗くなるだけですので、まずは自分自身で明るい今後を作っていこう、お互いに協力し、支えあっていこうと、ナイスな毎日に向けて団結←昭和的…しましたっ。


今回の田舎暮らし体験をしたご家族たちは、10月にまた来ていただく予定ですが、一緒に植えた野菜の成長が気になるということで、毎週訪れていいですか?と。
わざわざそれだけのことで遠方から大変でしょうと、成長過程の画像を送りますよって伝えましたら、満面の笑顔で「ありがとうございます!」って。
嬉しかったなぁ~。こちらが「来ていただきありがとうございますっ!!」ですよっ。


んで、、

Go To 我が家っ!!


以上!

Tでした。

f:id:mamenokiogm:20200731085313p:plain

 

まめの樹は、子ども食堂を再開したんですね~。

近所の農家のおじいさんに、「たくさん野菜や果物が出来たね~。にいちゃんの畑で足りないのは、あとはたんぱく質だなっ。」と声をかけられました。

たんぱく質?…ですか?」

「そう!自給自足であと足らないものは、たんぱく質じゃっ。ニワトリを飼いなさい!」

「ニワトリ…ですか。」

「そう!ニワトリは卵を産む!それに肉を食いたくなったら、ニワトリを食えばいいっ!」

「えっ!?飼ってるニワトリをですかっ?」

「わしのとこなんか、ニワトリが20羽くらいおる!クビをチョンと落とせばいいだけじゃよ。旨いんだぞ~っ。ははは~っ!」

「……!!!」

…クビをチョンて。。
ぜってー無理!!

「いや~おじさん、酷くて出来ないですよ~」

「慣れだよ、慣れ!わしが最初は教えたる!!」

「いや、けっこうですっ!!」


よくよく考えてみれば、このおじいさんの言うことも一理あるなぁ。

ネットで調べたら、飼育用のヒヨコが売っている。。
かわいい。。これを成長したら食うだと?
名前だってつけて育てるのに。。

ぎゃっ!

クビをチョンはどうしても出来る日が来るとは思わない!
いや、出来るようになりたくない!!

「一生、肉や卵はスーパーでいいや。。。」

昔、沖縄に行った時に、昆虫の佃煮を食べましたが、味はおいしかったです。。
「いざとなりゃ昆虫かな。。」

 

話は全く変わります。
九州の豪雨による災害。

「コロナの次はこんな災害で。一体なんの試練なんですか。」と泣きながら訴える女性をニュースで観ました。

東京都も一日の感染者が200人を越えるとか。

毎日毎日、聞いてるだけで目まいがするような出来事ばかりですが、とにかく自分は気負けしないように、マイナスに引き込まれないようにと、ナイスな生活を送ります。

で、いつでも、すぐにでも、困ってる人の支援活動が出来るように、自分自身がまず元気で明るく過ごすようにします。


九州地方は、コロナ禍のため、県外からのボランティアの受け入れが難しいそうです。
ボランティアセンターに問い合わせしましたら、謝絶されました。

ただ、被災をしている現地の方たちだけで、今の状況をどうにかするのは無理だと思うのです。
みんなが被災者なわけですから。

旅行とかは感染対策をきちんとした上で、ぜひ来てくださいと観光協会は言ってますでしょ。

旅行は良くて、被災地のボランティアに来るのは勘弁してくれって。

日本は一体どこまで経済主義のパッパラパーになってるんですかね。

ホストのお兄さんたちも、本当は仕事を休みたいのにお店が休ませてくれないって。

お兄さんたちがお店を休むことで、お店に迷惑をかけるのではなく、お店がお兄さんたちに迷惑をかけてるんです。

会社勤めの方もです。あなたが会社に迷惑をかけてるんじゃありませんっ。
会社があなたに迷惑をかけてるんです。

ここんとこ、自信を持って立ち向かってください。

元気に生きていればこそじゃないですかっ。


国は休業補償が本当はまだまだ出来るんですよ。

例えば、お隣の台湾や韓国。どうやって補償の財源を確保したのかを知ってますか?


子どものような言い方をするなら、
日本国はケチ!!
ドケチ!!
脳ミソがプルん!!

大学病院の看護士さんが、400人も一斉に退職希望を出しましたよっ!

「医療関係者の皆様ありがとう~!」なんて口先だけの感謝ばっかしてないで、きちんと報酬を出してあげなさいっ!

 

あ、いけねっ。イライラしてきた。明るくしてるんだった。

まぁですから、自分自身の力を信じて頑張りますっ。
毎日明るくナイスにね。

まめの樹に、収穫したてのじゃがいも送ろっと。


Tでした。

f:id:mamenokiogm:20200710062241p:plain

f:id:mamenokiogm:20200710062249p:plain

 

田舎暮らしのススメ2

前回のブログにて、田舎暮らしのお勧めをしたところ、想像以上に電話での問い合わせをいただきました。

返信が遅くなってしまい申し訳ございません。

施設ホームページの問い合わせフォームからも受け付けをしております。

順番に対応させていただきます。返信に一週間くらい見ていただけると幸いです。

主に質問が多かった内容を、この場でお答えしておきますので、参考にしていただければと思います。


体験日数なんですが、数日間ですと、比較的に良いところばかりが見えてしまいます。

空気がきれいで、自然に囲まれた景色に癒される。。
これだけで気持ちが良くなるものです。
これは旅行に行った時と同じ感覚です。

ですので、最低でも二~三週間程度、自分の家に暮らしていただき、ゆっくり検討の上、決断することを勧めています。

二週間以上も続けて都内を空けれることが出来ない方は、もちろん連日でなくても大丈夫です。
トータルで二週間以上になるように考えていただければと思います。
「本当に環境に慣れた」時に、冷静に判断が出来ると思いますので、慣れる程度の日数を経験するのが一番だと思っています。

部屋は5部屋ございますので、体験は一度につき、ご家族二組程度と考えております。

また、現在は新型コロナウイルスの問題がありますので、十分に対策を考慮した上にて行います。

梅雨明けの7月中旬以降~9月。12月~2月の間に体験していただきたいと思っています。一年で一番暑い季節と寒い季節を経験していただきたいからです。

体験費用の問い合わせ(主に宿泊費の問い合わせ)がありましたが、無料です。
食事は質素ですが、収穫し立ての野菜を。
自家製の漬物などを楽しんでいただきたいです。

交通費のみ、自費にてお願いします。


また、農業で生計を立てたいと考えている方には、地域の農協が主催している講座、もしくは自治体が推進している農業活性化政策を活用する流れを取らせていただきます。

田舎暮らしの一番のメリットは、物価(家賃)の安さだと思います。

この先、人口の減少と、空き家の増加が進んでいく中で、働けるうちに少しでも現実的な資金を残したいという方。

現在の物件の価値はどんどん下がります。

家賃の安い所に住み、その分を貯える。
貯まったお金を老後の資金、例えばその時に家を一括で購入する(10年先には空き家がとても増加し、現在の3分の1程度で家が購入できると言われてます)など。。

共存共栄。これからの生き方、過ごし方を共に考えていきたいと思ってます。
逆にこちらも学べさせてもらい、意見交換などもしたいです。

以上、よろしくお願いします。


梅雨になり、ジメジメとした天候が続きますが、こういった季節は、ハウス栽培が自分の日課です!
トマトやほうれん草。味がとても濃くて、おいしいものがたくさん出来てます!

シソは簡単に育ちますので、冷奴やそーめんの際に、その場で2~3枚のシソを取って。。一層おいしく感じてしまいます!
(実は最初の頃は、育つのが嬉しくて、大きく実ったものが愛おしくて、収穫できませんでした。←結果、腐らせて逆にかわいそうと。せめて食べてあげなくちゃと思うように…。。)

このような料理を是非、皆さんに召し上がっていただきたいです!


ではでは。Tでしたっ!

f:id:mamenokiogm:20200701073946j:plain