職員ブログ

自立支援センターまめの樹の職員ブログです。

いくつになっても、キュンってするんですねぇ。

先日、仕事が夜遅くまでかかってしまい、手伝いに来てくれていた大学生を車で送ることにしました。


「暑いからアイス食べながら帰りたいです!」

と言うことで、コンビニに寄り、アイスクリームを購入しようとなりまして。

道ばたに車を停めて、学生に1000円を渡して、
「これで買ってきて~。車で待ってるから。」と。。

満面の笑みで戻ってきた学生。

「ごちそうさまです!おつりです!」

あれ?おつりがたったの数百円ほど。

…アイス3つだよね?


「Tさんはこれどうぞ~!」
と、ガリガリ君をもらいまして。

「アンタらは??」
見ると、二人はハーゲンダッツ。。

て、てめ~らっ!!

まぁ、いいや。バイト頑張ってくれたし。。

f:id:mamenokiogm:20210723070821j:plain


後部座席に大学生二人を乗せまして。

出発進行~。


「今日は遅くなってごめんねぇ。疲れてたら寝ててね。着いたら起こすからさ。」

…と言うこちらの言葉とは裏腹。

ルームミラーで二人をふと見ると、、


「わーい!ドライブだ~っ!!」

と、ハイテンション。


元気だな~。
あんなに動きっぱなしだったのに。
若いっていいなぁ。。
俺なんか、早く風呂に入って今すぐ寝たいくらいなのに。。


「Tさん、明日も仕事早いんですか?」

「うん、そうだね。」

「それなのに送ってもらっちゃってすみません。」

「いやいや、こちらこそ帰りを遅くさせちゃって。。」

…礼儀正しくていい子たちだなぁ。。


「夏休みだけどコロナだから帰省もできないし、唯一バイトに来れて嬉しいです。」

「そっかぁ。今年も帰省できないのかぁ。」

「はい…。」←顔がめちゃ暗くなる。。

「あっ、そーそ!
前にも言ったけど、うちで良けりゃ、バイトに入ってない日でも、メシとかいつでも食べに来てよね。」

「はい!ありがとうございますっ!」


もう一人の学生がポツリ。。

「あ~家に帰りたくない。」

「なんでよっ?」

「家に帰っても一人で寂しいです。」

「実家にも帰れてないもんねぇ。ひとり暮らしだと寂しくなっちゃうよね。
今も言ったけど、バイトがない日でも、いつでも遊びに来るんだよ。遠慮なんかしないでね。」


長引くコロナ禍で苦しむ学生に、せめて何か安心する言葉を伝えたいのですが。。


すると、、


「あっ!!そうだ、Tさん!
このままドライブして、どこか出かけましょうよ!」

「えっ!?」

「そうしましょうよ!
海とか行きたい~!行きましょうよ!」

「いや、無理!
ぜってー無理!!明日も仕事が早いって言ったべやっ!」

「やだ~~。
帰りたくない~。どっか連れてって~。お願いします~。」

「急に無理だって!
アンタら若者と違って、こっちにはスタミナ調整っちゅーのがあるんだよ!」

「なにスタミナ調整って~。
やだ~!帰りたくない!」

「じゃかぁしいっ!駄々こねんじゃね~っ!」


……シ~ン……


てか、「帰りたくない、どこかに連れてって」って。。。

このシチュエーション。。。

そう言えば、30年くらい前。
免許とりたての頃。
友だちと会っては、その時の勢いやノリで、海まで車を走らせたり、土手に行って花火をやったりしたなぁ。

車中で笑って騒いで。

んで、女性に「帰りたくない」なんて言われた日にゃ、もうひゃっほ~い!だった。

あ~~懐かしい。
あの子たち元気かなぁ。

あん時はな~んも考えてなくて、無責任で、ただ楽しけりゃそれで良かったもんな。

○○ちゃん、ほんっとに可愛かったな~。今どうしてんだろ。幸せにしてるかな~。


……そんな当時のことを思い出したら、キュンとして涙が出てきました。。


「あれ?Tさん、なんで泣いてるんですかっ!?
ごめんなさい!私たちがどこかに連れてってとかわがまま言っちゃったから?
本当にごめんなさい!」

「いや、そうじゃないのよっ!
昔をふと思い出したのよ!そしたら泣けちゃってさ。」


泣いてしまった理由をこと細かく話しました。。


すると、、

「だったらなおさら行きましょうよ!!
もっとキュンキュンさせますから!
海、海~!」

「だから、無理だって!!
てか、もっとキュンキュンて。…キュンキュンはしたい…
…いやいや、ダメだっちゅーの!」


危うく理性を失うとこじゃねーかっ!
大人をナメんじゃね~!←必死に理性を保とうとキレ気味。。


そうこうしながら、家まで無事に二人を送り届け。。


「ありがとうございました~。
コロナが落ち着いたら絶対にドライブに連れて行ってくださいね!」

「コロナもそうだけど、本当に事前に約束してからだよ!当日のノリでは無理だよ!
スタミナ調整があるんだから!」

「だからスタミナ調整って~(笑)
ありがとうございました~。また~。」

「おう、おやすみ!!」


一人になり、自宅への帰り道。。


この歳になって、いい歳こいたオッサンが大変申し訳なくて情けないのですが、「キュン」なんてするんですねぇ。

しかも、あの日あの時と全く変わらない「キュン」でした。

細胞が一気に若返るような。


こちらの方こそ、学生に「ありがとう」です。

いつもありがとう。


今日はほんの一瞬でも、すっかり忘れていたあの時の気持ちにさせてくれて、本当にありがとうございました。


あなたたち若者は俺らの生きる希望です。


今回はノロケ話しみたいになってすみません!

 

T

f:id:mamenokiogm:20210723072346j:plain