職員ブログ

自立支援センターまめの樹の職員ブログです。

職場実習と焼肉弁当

先日、豊島区立小学校の校長先生から「教員の職場実習受け入れ」のお話しをいただきました。


このことを施設の仲間から相談がありまして、詳細を確認したところ、小学校の夏休み期間中に、学校の教員を三日間ほど一般企業に職場実習をさせる取り組みらしいです。

後日、施設の仲間と一緒に学校を訪問し、校長先生から話しをうかがいました。

自分の施設では過去に、福祉系の学生・本部に採用された新卒者の職場体験を沢山受け入れさせてもらってきましたが、小学校の教員を受け入れるのは初めてです。


校長先生は思いを語ってくださいました。

「教員は、教員以外の職業に就いた経験がある者が少なく、大学の教育学部を卒業し、そのまま教員になる者がほとんどだ。」

「校内という空間と、日々向き合う業務内容はさほど変化はなく、一般社会というものを全く知らないで教師をしている。」

「最近は多様な問題。特にモンスターペアレントと言われる親への対応などでストレスが解消されず、教員を辞めたり休職する者が増加している。これは社会問題だ。」

「そこで、学校以外の企業に行ってもらい、そちらの職場体験をすることで、一般企業とはどのように仕事を廻しているのかを学んでもらい、教員自身の経験と成長に繋げてもらいたい。」

…と言うことでした。


比較的に若い(まだ教員になったばかりの)先生が対象ですか?とたずねたところ、中堅の教員をお願いしたいということでした。

むしろ中堅教員の退職・休職がとても多いのだそうです。


自分は、是非とも受け入れさせてくださいと返事をしました。


自分の施設でも3年前に子ども食堂を始めさせてもらい、対応がとても難しい子どもと出会ったりする中で、この子が家庭や学校ではどのように過ごしているのかを、限られた時間とその場の感覚だけでずっと対応してきました。


教員を受け入れ、職場体験をしてもらう??…いやいや、とんでもないっ!

むしろ自分らが現職教員から勉強させてもらえることばかりじゃないかっ!!

てか、来て!今日すぐにでも来てっっ!


「是非、是非来てくださいっ!!」校長先生にそう伝え…。


…本来の校長先生の趣旨を離れ、もはや自分らの経験のためにと興奮してしまった空気を校長先生は察し、それを笑ってくださり。。。


その後も校長先生はいろいろなお話しをしてくださりました。

最後は校内まで案内していただき。


お忙しい中、長々こちらの話しばかりに対応していただきまして、全くどちらが職場体験をするのかという感じで。。。


…で、今回は8月に二人の先生がこちらに職場体験に来てくださることに決まりました。


「楽しみだな~。嬉しいな~。あれも聞こう、これも聞こう。」


「ちょっとTさん!こちらが職場体験を提供するんですよ!ちゃんと計画表を作っておいてくださいよ!!」

と同僚から叱られ。


いやいや、真面目に思うのですが、こうして先生に来ていただき、繋がりが新たにでき、地域の問題を共有し、共にいい環境を作っていく。
これって最高じゃないですか。

f:id:mamenokiogm:20210627190659j:plain


夕方施設に戻ると、大学生のボランティアが遊びに来ていました。


「Tさん、どうしたんですか?なんかめっちゃ嬉しそうですね。」

「ふふふ…。」

「なんかキモっ!」

「なんだ、キモって!!」

「Tさん、お腹空いた~っ!」

「よし、わかった!今日は何だっておごっちゃうぜ~っ!」

「えっマジっすか!?じゃ、焼肉~!!」

…一人だけ遊びに来てるのかと思ってそう豪語したら、隣の部屋から数人の学生が顔を出し、


「わーい!焼肉、焼肉~!!」

てか、アンタら居たんかいっ!ちょ、ちょい待ち!
こんな大人数に焼肉て!


「わーい!行きましょう!!」


いやいや、ヤバイヤバイ。こんな大人数におごる金が……いや、コロナだからお店が密になるぢゃんっ!

大人数はダメだよ!今日は焼肉弁当にしておこう!

「え~~っ!?」

よ、良かった~、コロナ禍で。。

てか、都合が悪くなると、コロナだからって逃げる最低な大人に俺は最近なってるなぁ…。。


近所のほっともっと←弁当屋さん
に行き、焼肉弁当を購入。


やった、2000円で済んだ!
あの人数、しかも若者だから、焼肉屋なんか行ってたら危うく20000円くらい飛ぶじゃねーか!

サンキューコロナっ!←最低大人…。。


事務所で皆で焼肉弁当を食べ。


話しの流れで、「しりとり」という遊びが始まり。

しりとり、皆さん知ってますよね?

つくえ→えいが→がびょう…みたいな語尾を繋げるやつです。


40年ぶりくらいにやって、ふと思い出したのですが、自分の地元は田舎で方言があるので、東京の?通常の?しりとりとはルールが違うのです。


通常は語尾に「ん」がついたらアウトじゃないですか。

うちの地元は「ん」がついても終わりにはなりません。

例えば、「みかん」となった場合、次は「ん」がつく言葉を言います。
「んめぼす」←梅干しのことです。

みかん→んめぼす→スイカ…みたいになるのです。
じゃ、どうすれば終わり?


うちの地元では、語尾に「ら行」がついたらアウトです。

例えば、リンゴ→ゴリラ。このゴリ「ラ」でアウトです。
「ら」「り」「る」「れ」「ろ」のどれかが語尾にきたら負けということです。

通常は「ん」のみじゃないですか。

うちの地元は「ら行」の5文字なので、むしろレベルが高いのです!!!


…と言うようなことを熱弁したら、学生らドン引きしてたなぁ。


いつか必ず焼肉おごるよっ!!


職場実習も楽しみだしっ!!

 

T

f:id:mamenokiogm:20210627190833j:plain