職員ブログ

自立支援センターまめの樹の職員ブログです。

これから梅雨がきて、夏になりますね。こんなご時世ですが、ちょっとでもナイスな夏を迎えたいです。

おはようございます。

都内では、新型ウイルスの感染者がずっと二桁数です。

新宿の接待を伴うお店からの感染者が多いというニュースも観ました。


すみませんが素朴な疑問なんですけどー。

わたしはよく理解できないのですが、こういったホストクラブなどのお店は、お店を開けた方が経営はよくなるんですか??
どうしてですか??

仮に開けていても、お客さんは通常よりも9割も減っていて、ホストさんの人件費もかかって、電気代などの光熱費もかかるわけですよね。

開けてる方が採算が合わなくないのでは?と普通に考えちゃうのですが。

テイクアウトできる物があるわけでもないし。

んで、更に今回みたいに感染者が発生すると、なおさらお客さんも遠退くし。

世間からの非難も増えるし。

どうして開店するのでしょうか??

ただ休業していても、ひと月分もならない補償金だけですから、まだ開けた方が現金が動くからマシということなんですか??
(ごめんなさい。さっきから質問ばかり。)


全く開店するメリットがわからないから、先輩にも聞きましたが、先輩も『たしかに~何でだろうねー』って。


わたしの勤務する施設は、喫茶店を3店舗経営してますが、全店いまだに休店しています。

特に、施設のすぐ近くにある、子ども食堂も開催している喫茶店は、窓が全くなくて、換気がとても悪いのです。まさに三密となります。

近所の方からも、早くまた開店してほしいとありがたい要望をいただいていますが、施設としてはまだ開店は難しいと判断しています。

先日の会議では、この先のことを十分に考慮すると、窓がしっかりあり、風通しのいい店舗を探して引っ越そうか?という案も出ました。

二ヶ月近くも休んでいる子ども食堂は、親御さんから切実に再開を求める声があります。

そもそも子ども食堂は、生活が厳しい環境におかれている家庭を支えることも趣旨に開催していたので、こちらも単に休店するだけではなく、この間、お米や野菜などの食料品を宅配したりしていました。

子ども食堂だけでも別の場所を借りて、開催できないものか、集会所や公民館などに問い合わせも始めました。


本当に新型ウイルスで全てのことが変わってしまいました。仕事をしているとよくわかります。
毎日そう気づきます。


わたし一人では何ひとつ出来ないことばかりですが、なるべく物ごとをポジティブに考えて、明るい話題を届けられるように今日も頑張ります!

気温も上がっていますので、熱中症にも皆さん気をつけてくださいね。


R・O

f:id:mamenokiogm:20200609075939j:plain