職員ブログ

自立支援センターまめの樹の職員ブログです。

ラーメンが大好きです。ずっとお世話になっています。

とにかく泣いてる人の対応と、怒ってる人の対応が苦手で、このダブル(泣きながら怒ってる人)と接してる時なんかは目まいがします。

直接会って話しをするようにします。
会ってから話しを聞きます。

会うことができれば、話しをする前に、郊外の行きつけのラーメン屋さんに車で連れていきます。
車の中でも、ガンガンに怒鳴られ泣かれることもしばしばあります。
「とにかく今は落ち着いて、まずラーメンを食べよっ。」と本題を反らしながら向かいます。
もちろん、、
「ラーメンなんかいらないよっ!」と逆上されることもあります。

それでも何とかラーメン屋さんに連れて行きます。
そうです。無理矢理にです。。

で、ラーメンと餃子を必ず食べさせます。
ひと口でも食べてもらえたらラッキーです。
そのまま黙々と食べ始めてくれます。
スープまで飲みほしてくれます。相手は、苦しくて辛くて、何日もちゃんと食べていなかったわけですから当然です。

ラーメンを食べ終わり、会計をして外に出る時に、店主に「ごちそうさまっ!」と言います。

その時に、「ほら、あんたもごちそうさまと言いなさい。」と伝えると、さっきまで泣きじゃくってた相手が、「ごちそうさま…。」と言ってくれます。

外に出てから、「おいしかったでしょ。また一緒に来ようね。」と伝え、車に乗ります。

で、帰り道に、改めて話しを聞き始めます。

相手はとても冷静になっていて、落ち着いて話しをしてくれます。
ラーメンで気持ちが温かくなったからです。
お腹と心が満たされたからです。

ほんの一時(いっとき)でもいいので、今の苦しみを忘れさせる為に、ラーメンにはずっとお世話になってます。

自分は経験が長いくせに、頭と口が足りませんので、ラーメンの力をよく借りてきました。

自分の父親と叔母がそうでした。
自分が落ち込んでると、「ラーメンでも食べに行くかっ。」とよく連れて行ってくれました。
すごく幸せでした。
そうやって自分を育ててくれました。

自分がまともな大人になれたとは思っていませんが、温かさだけは人に届けることが出来る人間でいたいと思い、この仕事を続けています。

自粛が終わったら、沢山の人たちを、行きつけのラーメン屋さんに連れて行きたいです。


文章・T

f:id:mamenokiogm:20200507080125j:plain