職員ブログ

自立支援センターまめの樹の職員ブログです。

柔道家の、わたしをスキーに連れてって

f:id:mamenokiogm:20200414091250j:plain

今から30年くらい前。
冬と言えば、スキーを楽しむ人たちが沢山いた。

夏は海水浴、冬はスキーという若者がゴロゴロいた。スノボーが流行り出す少し前くらいの時代。

関東近郊のスキー場は、土日は大混雑で、リフトに乗るのも一時間待ちなどよくあった。

当時、自分もよく友人にスキーに行こうと誘われたが、正直スキーはもう見たくもないほどであったので、いつも断っていた。
と言うのも、豪雪地帯で育った自分は、小学校・中学校・高校と、冬は体育の授業はずっとスキーであった。だだっ広い校庭をひたすらスキーで歩き回る。それだけだ。
小学校の時など、登校はスキーを履いて登校させられた。
今考えてみれば、よくあんなに危ない登校を学校もさせていたもんだと思う。信号が変わりそうになり、横断歩道で焦って転ぶ子がよくいたのを覚えている。
高校になると、学校の近くのスキー場で授業があり、スキーが滑れないと、体育の単位が取れない。
だから、うちの地元でスキーを滑れない人などまずいない。

こういった半ば強制的にスキーをさせられた学生時代の経験で、上京してきてからの友人の「スキーに行こう!」の誘いにはうんざりだった。

ところがある日、ふと気づいた。いつも一緒にいる友人たちが、スキーに行く度に、新しい友だちが出来たり、彼女が出来たりする。つまり出会いがあることに気づいた。
スキー場で、出会いがあるのだ。

それに、友人で一人だけスキーがうまいという噂の者がいて、こいつがやたらスキー場でモテると聞いた。

何~っ?そういう楽しみ方があるのかっ!!

自分は、授業としての強制的なスキーの思い出しかなかったが、大人になれば、こういった楽しみがあることに気づいたのだ。

更に当時、原田知世さん主演の「私をスキーに連れてって」という映画をレンタルビデオで借りて観て、自分は興奮を加速させていた。

次はいつスキーに行くんじゃっ!?

自分から友人を誘い、スキーに行く予定を立てた。
当日、スキー初心者という知人も含めて、車3台、合計12人という大人数で出かけることになった。

車の中では自慢話をしまくった。
スキー歴20年!!学生時代はスキーばかり!!
目を閉じても滑れる!!

女の子からは、「すご~い!早く滑るところが見たい!」と。

「ひゃっほ~いっ!」
自分の興奮はMAXと化していた。ただ人気者になりたい、モテたいだけ。それだけの為のスキーだ。
まさにスキーバブル!!

スキー場に着いたのは早朝。すでにスキー場は沢山のお客さん。

「さて、滑りますか!」

すると、一人の女の子が、「この人、わたしの彼氏なんだけど、今日がスキー初めてなの。T君、すごくうまいらしいじゃん。教えてあげてもらえるかな。」

「うん、いいよ!」

小一時間くらい教えて、皆と合流すればいいと思い、快く引き受けた。

「歳はいくつなんですか?」
この日、彼とは初対面だったので、敬語からのスタートだ。

「31歳です。よろしくお願いします。」

…ほげっ!?自分より10っこ以上も歳上!

「はい、こちらこそよろしくお願いします。。」

まずは転び方からだ。

「えっと、頭から転ぶと危ないので、、」

この彼氏さんが、けっこうな巨体のお方、はっきり言うと、相当なデブであった。
転ぶ時に、変な受け身を取ろうとする。

「あ、手をそうしちゃうとむしろ危ないです。」

いくら教えても、受け身を取ろうとする。

「すみません、癖で。。」

「癖?はい…。何のですか??」

「わたし、柔道を子どもの頃からやってまして。。」

「あっ、それでですか~。たしかに柔道の受け身ですね。ははは。」

てか、子どもの頃からスキーをやってきた自分と、子どもの頃から柔道をやってきたという、この二人の組み合わせ…。。

小一時間で転び方と、歩き方、あわよくば、ボーゲンくらい出来るようにさせたかったが、転び方だけでこんなに時間がかかってる。。

転び方を止め、歩かせてみることにした。

「ゆっくり歩いてみましょう。」

1歩、2歩、3歩。。ドタンっ!←受け身。
3歩も進まず転ぶ。てゆーか、立ってるのもやっとだ。足もガクガクしてるし。。
…ちょっと~スケートじゃないんだから…。。

「もう一回。頑張って!」
…ドタンっ!!

「その調子!頑張って!」
「は、はい!!」

顔を見ると、汗がすでにダラダラで、息も荒い。

初めてのスキーは、慣れないその異物を履いてることにまず疲れるものだ。
「ちょっと休憩しましょうか。」
「はい、すみません。。」

そうこうしていると、一通り滑り終えた友人たちも休憩に来た。
友人たちは滑り遊び、とても楽しそうだ。
「次はもっと上の方にいかない~?」
「いいね~っ!」
とても盛り上がっている。。

彼氏の彼女がきた。
「どんな調子~??」

「今、歩き方を教えてるとこ。それが出来たら、ちょっと滑ってみようかな。」
「ありがと~。じゃ、よろしくねっ!」

えっ?
行っちゃった…。。
それだけかいっ!

で、この後、歩くことに時間がかかり、ようやく滑りに出ようかと思った頃にはお昼。
昼食後は少し滑ったら、高速が混まないうちに帰ると言う。。

彼氏がポソリと…
「なんか、すみません。せっかく楽しみに来てるのに、自分に教えてるだけで。」

「いえいえ、とんでもございましぇん!!張り切っていきまひょ~!!」

…結局この日は、この彼氏に転び方、歩き方と、滑り方を少々。

ずっと巨体の男性と仲良くマンツーマンであった。。
滑る時に、手も握っちゃったし。。

帰りの車内…。
「ほんっとにS君、かっこよかったよね~!」
「次はいつ来ようか!」

自分以外は大盛り上がりである。

何が出会いじゃ!
何がスキーじゃ!
やっぱスキー嫌い!

確信した一日であった。


文章・T